第1期 日本不動産仲裁機構ADRセンター 調停人研修

調停人研修について

日本不動産仲裁機構ADRセンター(法務大臣認証裁判外紛争解決機関)の調停人研修を下記の通り実施いたします。
ADRセンターの調停人となるためには、本研修を受講後、センターに登録をする必要があります。
(別途、年間登録料10,800円(税込)がかかります。)

研修内容

1通信講座DVDまたはWEB7.5時間 調停人としての法的知識に関する研修
2通信講座DVDまたはWEB5.0時間 調停人としての面談技法及び調停技法に関する理論的研修
3通信講座DVDまたはWEB5.0時間 調停人としての面談技法及び調停技法に関する実践的研修
4通信講座DVDまたはWEB2.5時間 調停人としての倫理、活動に関する研修
5通学LEC各校40分間 修了確認テスト

<学習方法>

・テキスト(全2冊)を参照し、研修科目1~4のすべての講義動画を視聴してください。

<修了確認テストについて>

・本研修を受講後、教材(受講の手引き)に記載されている「受験予約フォーム」から修了確認テストの受験希望地及び日時をご選択いただき、LEC校にて受験してください。

・修了確認テストの難易度は、講座内容1~4をすべて視聴されていれば合格可能なレベルです。

・修了確認テストの所要時間は、最大40分間です(解答次第に退出可能)。

・修了確認テストの合否結果は、通常、受験日から1ヵ月以内に、原則としてメールによる方法で通知いたします。

・不合格判定の場合も、再受験(無料)が可能です。

研修費用

59,400円(税込)
【研修受講の効力について】
<有効期間> 調停人研修を修了しますと、その修了実績は、その後の調停人登録の有無に関わらず、永続的に記録されます。
(研修修了後、数年経過後に調停人登録することも可能ですし、調停人登録を中断した場合でも研修修了履歴が失効することはありません。)

<対応資格> 日本不動産仲裁機構ADRセンターでは、不動産トラブルに関係する各種の専門資格との連携を進めています。
本研修は、それら全てに共通するものであり、調停人研修を修了した後に、日本不動産仲裁機構に加盟する他の専門団体の資格を取得した場合に、再度調停人研修を受ける必要はありません。

LEC 全国学校案内

平日は21時まで、土日祝日は19時まで営業しています!※
※営業時間は学校により異なります。詳細は各学校ページでご確認ください。

お申込み

調停人研修は、下記からお申込みください。

調停人研修 お申込み(LEC)

お電話でのお問合せ・お申込み

<LECコールセンター> (ADR研修 受付係)
0570-064-464 ([平日]9:30~20:00 [土曜・祝日] 10:00~19:00 [日曜] 10:00~18:00)
※平日は、コールセンターの営業を9時30分より開始します。
※通話料はお客様ご負担となります。
※固定電話・携帯電話共通(PHS・IP電話からはご利用できません)。
LEC お問合せ・よくある質問