文部科学省 専修学校リカレント教育総合推進プロジェクト「産学連携によるリスタートプログラムの開発・実証」

コロナ失業した在留外国人労働者救済のための職業教育支援事業

合同会社LPエデュケーション
代表社員 白井 理一朗

文部科学省委託「産学連携によるリスタートプログラムの開発・実証」
コロナ失業した在留外国人労働者救済のための職業教育支援事業


従来、外国人労働者は「永住者」「技能実習」「留学」といったそれぞれに発給されたビザに基づき就職をしており、失業してしまった在留外国人労働者は就労に制限のない在留資格を除き同職種での転職が求められていました。しかし新型コロナウイルス感染拡大による我が国の経済状況の悪化により、受け入れ先が見つからないケースが増加すると、出入国在留管理庁(入管庁)でも救済策として、従来は許されていない他職種への再就職を認めることとしましたが、現実的には外国人労働者が全く未経験の分野で再就職するには大きな困難が伴います。
外国人労働者が日本国内で再就職しやすい環境を整えることは喫緊の課題であり、本事業は、特に発給されたビザと異なる職種に再就職する際に必要となる「特定技能測定試験」の対策や職業教育を中心とした教育プログラムのモデル開発と実証を通して、在留外国人労働者の再就職における教育支援と課題の解決を図るものです。
成果報告書ダウロードURL
2020年度成果報告書(PDF:9.55MB)

教育プログラムの科目構成と内容(2021年3月暫定版)

科目名(仮) 概 要 時間数
(共通)
日本語能力
日本語能力検定試験N2レベルの日本語能力を身につけるための学習を行う
■教育手法:eラーニング
30時間
(共通)
職業教育1
日本における、ビジネスマナーやビジネススキルの基礎を学ぶ
■教育手法:eラーニング
15時間
(共通)
職業教育2
ビジネスにおける法制度の基礎や会計制度の基礎を学ぶ。
■教育手法:eラーニング
15時間
(外食)
衛生管理
(介護)
介護の基本
一般衛生管理に関する知識、HACCPに関する知識、食中毒に関する知識
■教育手法:eラーニング
人間の尊厳と自立 、介護職の役割、介護における安全の確保とリスクマネジメント
■教育手法:eラーニング
10時間
(外食)
公衆衛生
(介護)
こころとからだのしくみ
調理に関する知識、食材に関する知識、調理機器に関する知識
■教育手法:eラーニング
こころとからだのしくみの、介護を必要とする人の理解(老化・障害・ 認知症)
■教育手法:eラーニング
10時間
(外食)
接客技術
(介護)
コミュニケーション技術
接客サービスに関する知識、食の多様化に関する知識、クレーム対応に関する知識
■教育手法:eラーニング
コミュニケーションの基本 、利用者とのコミュニケーション、チームのコミュニケーション
■教育手法:eラーニング
10時間
(介護)
生活支援技術
移動・食事・排泄・みじたく・入浴・清潔保持家事の介護技術
■教育手法:集合研修、eラーニング
10時間
(専門)実践PBL 教育プログラムの総仕上げとして、専門科目の内容をプロジェクト型演習(PBL)で学習する。これにより実技試験の対策とする。
■教育手法 集合研修(講義・PBL演習)
10時間